■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■最高のスタート!!

そして、2本目。

というわけで、今日はニッパツ三ツ沢球技場(略称:ニッパ球)に「横浜FC-カターレ富山」を見に行きました。ニッパ球ってナゼか遠いイメージがあったけど、以外と横浜駅からもそこそこのキョリで、行きやすいスタジアムでしたね~。


んで、今日の試合ですが、序盤から富山が試合を支配し、何度かチャンスを作っていきますが、前半17分に守備のミスから藤田祥史に決められて先制を許します。しかし、今日の富山はここで終わらず、32分に苔口のゴールで同点に追いつきます。

そして後半は両チームともなかなかチャンスを作れない流れになるものの、苔口が突破から相手キーパーのファウルを誘い、富山がPKを獲得。これを黒部がキッチリと決め、富山が逆転。そのまま試合終了となりました。

試合終了後 選手とスタッフのハイタッチが本当に嬉しそうだった

試合終了後。開幕戦で去年6位の横浜Cに逆転勝ちということで、選手&スタッフの喜びはスゴかったです。あと、N.Y.も富山の観戦6試合目にして初勝利(笑)。


まぁ、今日の注目は富山のフォーメーション「3-3-3-1」だったんですが、なかなかしっかり機能してたように思います。

見よ、これが富山の「3-3-3-1」だ!!

後半キックオフ。分かりにくいけど、苔口(10)をトップにおいた3-3-3-1でした。

なんていうか、中盤に人数が多い分“いてほしいとこに人がいる”っていう感じでしたね~。攻撃ではセカンドボールを拾える場面が多かったし、守備でもボールを持った相手に2~3人がすぐ囲いに行ってたし。

ただ、そんなコンパクトさだけではなくて、攻撃のときは右なら朝日、左なら甲府から移籍の大西が大きく開き、かつすぐに2人目がフォローに入ったり追い抜いたりと、サイドを広く使えてました。クロスの精度はイマイチだったけど、中にはちゃんと2人入れてたし。

後半に入るとやや薄暗くなって、逆にいい雰囲気でしたね~

後半の一場面。どうでもいいけど、ユニフォームだけなら磐田-浦和とかに見える(笑)。


でも、やっぱり課題はあって、まずはフィジカルの弱さ。富山はロングボールが多かったんですが、やっぱりもう少し競り勝って欲しいかな~という気も。あと、守備の時もちょっとファウルが多かったかな?

あと、オフサイドが10回と多かったのがちょっと気になりましたが、これは逆にタイミングが合えばビッグチャンスになるということで、プラスに捉えれるんじゃないでしょうか。


ってな感じで、平出・大西といった新戦力もなじんでるみたいだったし、この「3-3-3-1」がもっと機能してくるようになれば、今年の富山には期待できるかもしれませんね~。

あとはサイドからのクロスの精度と、ウラへ抜け出すパスのタイミング。ここらへんをしっかりと修正出来れば、もしかしたら去年(19位)はもとより、おととし(13位)より順位がグッと上がるんじゃないでしょうか。


最後に、今日アウェイ席に入ると青いゴミ袋が配られてました。“スタジアムを青く染めよう”的なモノらしいです。んで、選手入場の時にそれを膨らましたんですが・・・

もうちょっと紫がかった色が良かったんだけど、まぁ市販のゴミ袋だしね

これどう見ても横浜Cの色だよね(笑)?いや、まぁでも一体感が出て楽しかったです。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

N.Y.

Author:N.Y.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。