■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■タイミングの問題

さて、まずはちょいと昨日のハナシの続き。

昨日みたいなコトを書くと、“N.Y.は転勤したくないの?”と言われそうなんですが、別にそういうわけではありません。まぁ、“転勤したい!!”とまでは行かないけど、“1回くらい地方行ってもいいかな~”くらいの気持ちです。

ただ、今このタイミングでの転勤はイヤなんですよね~。というのも、基本的に地方の支社とかには同年代の人が少なかったり、ヘタするといないらしいんですよ。

まぁ、30代とかそれ以上の人とも普通に仲良くはできると思うんですが、やっぱり同年代で仲の良い人が近くにほしいですよね。いくら友達少ないのに慣れてるとはいえ、さすがに0はキツい(汗)。

というわけで、できれば最初は同期の多い東京にいたいな~と思うわけです。・・・まぁ、その中でもうまくできないって可能性もあるけど(汗)。


そして、土日恒例のサッカー。

<Jリーグ&JFL>
◇J1 第12節
 セレッソ大阪(5・13位) 3-3 川崎フロンターレ(10・8位)
 ヴィッセル神戸(13・3位) 1-0 サンフレッチェ広島(12・5位)

 磐田 4-1 福岡  横浜M 4-0 甲府
 浦和 2-2 鹿島  名古屋 0-0 
 G大阪 2-1 新潟 

◇J2 第13節
 鳥栖 1-0 札幌  熊本 1-1 千葉
 岡山 1-0 横浜C 

◇JFL 前期第12節
 武蔵野 0-1 栃木U 


というわけで、川崎Fは前半での2点リードを後半開始直後に追いつかれ、さらに小林のゴールで突き放すもオウンゴールで同点にされるという展開で、結局3-3の引き分けに終わりました。3得点はいいけど3失点はダメでしょう・・・。

その他J1は、好調の横浜Mと磐田がそれぞれ昇格組に4得点の快勝。柏も名古屋相手にドローで、首位をキープ。また、広島に今季初黒星をつけた神戸(去年15位)が暫定3位に浮上しました。


では、感想を。

C大阪 3-3 川崎F 

まず川崎F。前半は2トップ+サイドの前線4人がスピードを活かした攻撃を見せ、C大阪を圧倒してました。こう、全体的に勢いがあって、ボールを持ってない選手の動きも多かったです。

ただ、後半に入ってすぐ、それまでしっかりしてた守備が急に緩くなって、勢いを見せたC大阪に立て続けに失点を許しました。というか、いきなり雰囲気変わった相手に対応しきれてなかった感じかな?

とはいえ、最後のオウンゴールも合わせて2点をCKから取られてるのはちょっと課題ですね~。ペースをつかんでるときこそ、相手はセットプレーからの得点を狙ってきますし。

まぁ、でも相馬監督のやりたいサッカーがチームにしっかり浸透してきてるし、新加入の山瀬・柴崎ももう十分にフィットしてるので、攻撃に関しては問題なさそうですね。あとは、去年に同じくいかに失点を減らせるか・・・。


一方のC大阪は、前半と後半では全く別のチームって感じでした。こう、後半とか、この前の山東戦みたいに勢いに乗れるときはいいんですが、そうでないときの攻撃はバイタルエリアでのパス回しから先にアイディアがないですね。

あと、試合全体を通してミスとかで簡単にボールを奪われるシーンが目立ったのは、やっぱりチームとして疲労がたまってきてるんですかね。それと、イエローカードが6枚ってのもマズいでしょ(一方の川崎Fは0枚)。


ちなみに、この試合を日本代表のザッケローニ監督が見に来てるってハナシになったとき、解説者が

 “選手は緊張するでしょうね~。金鳥スタジアムだけに(笑)。”

と、100人中95人が思いついて、でも90人は言わないだろうコトを言ってしまってました。そして、実況は反応に困り(?)スルーでした(笑)。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

N.Y.

Author:N.Y.

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。