■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今日は記念日~♪

そして、2本目~。

◇今日の天気図(6/1)

今日は西日本には前線から伸びる雲が、北陸~東北には気圧の谷による雲がそれぞれかかり、朝から雨の1日となったところが多くありました。関東でも雲が多く、東京の最高気温は18.5℃と、平年を大きく下回りました。

明日は引き続き前線と低気圧の影響を受けて全国的に雲が多く、東日本と南西諸島では雨の予想となっています。ただ、太平洋高気圧が徐々に勢力を強めてくるため、気圧の尾根が伸びる西日本では晴れ間が見えるところもありそうです。


さてさて、今日6月1日は何の日でしょうか?まぁ、Wikipediaで調べるとあれもこれも出てきましたが、このブログ的には正解は“気象記念日”です。えぇ、決して電波の日ではありません。


というわけで、今日は天気のハナシということで、3日に2日くらいは書いてる“今日の天気図”コーナーを、普段N.Y.がどうやって書いてるのか?ということを紹介したいと思います。

まぁ、一応“気象会社に勤める現役の気象予報士”ではありますが、ほとんど素人で誰に習ったわけでもないハナシなので、“参考程度”に読んでみてください。


まず、書くときに見てるHPですが、日本気象協会のtenki.jp、気象庁のHP、HBC(北海道文化放送)の専門天気図ページの3つです。ここらへんを同時に開いて、あっち見たりこっち見たりしてます。


そして、まず1段落目のその日の天気図ですが、

 )今の大気の状況を把握する
 )その日の天気がどうだったか?を見る
 )アメダスデータでおもしろいのを探す

という順序が多いです。

まず、tenki.jpの気象衛星のページを開き、そこはひまわりの画像に天気図を重ねれるので、気圧配置と雲の様子を見て大気の状態がどうなってるのかを把握します。例えばこの時期なら、ここに前線があってここまで雲が広がってるな~という感じに。

そして、次にその日の天気ですが、これは気象庁のページを見ます。まず、雨(or雪)については気象庁の解析雨量を遡れば簡単に分かります。んで、晴れor曇りはひまわりの可視画像を見たり、アメダスの日照時間のデータを見たりします。

んで、ここは一応気象予報士のブログということで、“こういう天気図だからこういう天気”というのを書くんですが、地上天気図だけで分かりにくいときは、HBCの専門天気図で詳しく調べたりします。

あと、強雨とか強風とか、あるいはスゴイ暑かったり寒かったりというときには、気象庁の気象統計情報のページにある“最新の気象データ”というとこで、アメダスランキングをみて書けそうな数字を探します。


という感じで、その日の天気の部分を書きます。ちなみに、アメダスデータで特に書けそうなメジャーな地点がなかった場合は、東京or練馬か金沢を使うことが多いですね。


そして、2段落目の翌日の天気については、

 )地上の予想天気図から簡単に天気を予想
 )専門天気図を見ながらより詳しく天気を予想
 )天気予報を見て答え合わせ

です。つまり、まず天気図とかから自分で天気を予想して、答え合わせという感じでやってます。その方が自分の勉強なり知識のキープなりになりますしね。


では、その中身を詳しく書くと、まず地上の予想天気図を見て、簡単に西日本は晴れるくらいの予想を立てます。ここで見るのはtenki.jpか気象庁か、その日の気分という感じです(どっちも変わらないので)。

ただ、夜の天気を見たい時には2日後の天気図を見て間を取るんですが、そのときは気象庁のページのほうが見やすいです。

んで、次はHBCの専門天気図を見ながら、より詳しいというかしっかりと天気の予想をします。雨に関しては降水量や降り始めの時間、それ以外のとこは晴れるのか雲が多くなるのか。あとは、気温はどうかとか、全体的に見るようにしてます。

とはいえ、まだまだ素人なので予想が間違ってたり、あるいは全然分かんないってことも多いので、ちゃんと実際に出た天気予報を見て確認したり、“えっ、なんでそうなるの?”ってなったりします。

ちなみに、天気は“1日中同じ”ってことは少ないので、気象庁の“天気分布予報”をよく見てます。ただ、天気見て気温見てっていうときは、tenki.jpの方が切り替えがやりやすいのでそっちを使います。


ってな感じで、翌日の天気予想は書いてます。まぁ、一応あまりヘタなコトは書けないので、答え合わせはハズせないですね~。情けないハナシですが(汗)。


ただ、翌日の天気を書くときに気を付けてることがもう1つあって、それは表現の方法です。

というのも、天気予報のシゴトをするには気象庁に“天気予報の業務します”っていう登録が必要なんですよね。これは気象予報士の登録とはベツのモノで、基本は企業単位で登録します(個人で登録してるのは実力ある人くらい)。んで、もちろんN.Y.はその登録をしてません。

なので、正確には天気予報をすることができないんですよね。まぁ、雑談で“明日の天気は~”くらいならもちろん問題ないんですが、こういう風に(一応)世界に発信してるブログで、しかもほぼ毎日定期的にやるのは少しグレーというか、正確にはアウトだと思います(汗)。


というわけで、よくよく見ると明日の天気に関しては、基本“~という予想になってます”というような、“気象庁の予報を伝えてる”というスタンスで書いてるんですよね。まぁ、グレーですが“天気予報をしてる”ことにはならないかなと。

とはいえ、2文目以降は文面的に“~と思います”と書いちゃうこともあるので、そうするとアウトなんですよね。特に、“にわか雨の可能性が”とかは、法律で登録が義務付けられてる“現象の予想”そのものなので(汗)。


ってなわけで、まぁほぼ黒に近いグレーゾーンをつきすすんでる天気図コーナーですが、一応ギリギリセーフな部分を進みつつこれからも続けていこうと思います。なるべく、自分のみの予想を出さないようにして(いや、そもそも出せないけど)。

んで、地道に続けていく中で、読んでくれる人が天気にちょっと詳しくなったり、あるいは興味を持って“自分も気象予報士の勉強してみようかな~”ってなってくれればうれしいですね。


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

N.Y.

Author:N.Y.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。