■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■久々に良い試合が見れた!!

さて、というわけで今日は等々力に行ってきました~。ようやく今年初の等々力、今年初の川崎Fですよ。相手はここ数年ホームでもアウェイでも相性の良い広島です。

で、さっそく結果を書くと・・・

<Jリーグ>
◇第16節
 川崎フロンターレ(20・3位) 2-0 サンフレッチェ広島(19・4位)

矢島(前半35分)と菊池(後半13分)のゴールで2-0と勝ちました。これで今季初の連勝、しかも2試合無失点での連勝で、順位も3位まで上げてきました。


ちなみに、上のスコア見ても分かると思いますが、

川崎Fが先制した後のキックオフ

広島は朱色ユニでした。一応、宮島の赤をモチーフにしてるみたいですが、個人的にはこの色好きです。


では、感想。


とりあえず、今日はスコアも内容も完勝という感じでしたね。しかも、2点ともかなり良いゴールでしたし。まず1点目の矢島のゴールは、クロスをヒールで流し込むという、“SUPER GOAL特集”とかで取り上げられそうな感じのゴール。

それよりスゴかったのは2点目。相手ボールを奪った後、菊池がドリブルで上がっていきサイドの矢島へパス。そして、そのままゴール前まで上がっていき、矢島のクロスをヘディングでシュートという、教科書に載ってそうなカウンターでした。

まぁ、まだ攻撃陣の中で息があってなかったり、簡単なミスでボールを奪われたりというのもあったんですが、今日は縦パスの意識も高かったし、稲本は相変わらずミドルシュートを積極的に打ってくれるしと、どんどんチームが良くなってるのが見れました。


そして、それよりも良かったのは守備です。チーム全体で守備の意識が高く、特に最終ラインの集中力が高くて広島にチャンスすら作らせませんでした。打たれた7本のシュートはほとんど2-0になった後で、前半に至ってはもしかしてシュート0本だったのでは?

特に、相手の武器である李を完全に止めれてました。かつ、佐藤寿にほとんど裏を取られてませんでした。まぁ、相手の両サイドハーフがフリーでボールをもらう場面はありましたが、それでもすぐ寄せていって突破を許してませんでしたしね。


ただ、正直なとこ今日は広島の攻めがイマイチだったかな?という気もします。“4-1-4-1”のシステムだったんですが、前5人が川崎Fの最終ラインにベッタリ張り付いてしまって、後ろ5人とかなりキョリが空いてました。

そうすると、ボランチがボールを持ってもパスの出しどころがないんですよ。ムリに出してもすぐ川崎Fがカットするし、仕方なく最終ラインでボールを回しても川崎Fの守備がよりガッチリするだけ。

こう、序盤の調子良かった広島はパスワークで崩してた印象があるんですが、今日はそういうシーンが2回くらいしかありませんでした。なんせ、中盤に人がいないので。


という感じで、少しずつ川崎Fはチームが完成してきたのではないでしょうか。ただ、まだまだ油断はできません。この後の清水、鹿島とのアウェイ2連戦、ここを乗り越えて始めて1つのステップを越えたと言えると思います。


では、最後にその他のJの結果を。

 浦和レッズ(8・16位) 1-3 清水エスパルス(16・9位)
 モンテディオ山形(8・17位) 2-0 ヴィッセル神戸(15・10位)


 G大阪 2-1 横浜M  甲府 0-2 C大阪
 鹿島 2-0 磐田  新潟 1-1 仙台
 名古屋 2-2 大宮  福岡 0-2 

浦和がまた勝てず、これで9試合勝ち星から遠ざかってます。山形はようやく今季2勝目で、逆に神戸は一時の勢いどこへやらです。あとは、首位・柏は順当に勝ったものの、2位・仙台は何とかドロー、横浜Mと磐田も敗れ、広島も含め上位勢は苦戦の多い1日となりました。

ってか、にしてもtotoが当たらん・・・。前回はAもBも1つずつしか当たらなくて、今日も対象の8試合中当てれたのが2試合(川崎Fと柏)という。N.Y.は基本的に勘がワルいからな・・・。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

N.Y.

Author:N.Y.

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。